MENU
レンタルサーバーを徹底比較!詳細はこちら

ONEBOT 電動アシスト S9の価格と評価|平均で見る電動自転車の性能は?

この記事ではONEBOT 電動アシスト S9のネット価格や大きさ、重量、バッテリー容量、アシスト走行距離、バッテリー交換充電目安など基本情報に加えて評価や口コミの情報をまとめています。ONEBOT 電動アシスト S9が多くの電動自転車の中で平均よりも優れているのか?平均以下なのか?多くの電動自転車の性能と比較して紹介しているので参考にご覧ください。

目次

ONEBOT 電動アシスト S9の評価と口コミ

ミニベロ評価
評価Sランク
メーカー
希望価格
129,000円(税込)
ネット価格Yahoo! 129,000円〜
Amazon 129,000円〜
楽天市場 129,000円〜

ONEBOT 電動アシスト S9のスペック

ONEBOT 電動アシスト S9のサイズと適正身長

全長1,540mm
580mm
タイヤ20インチ
重量21.5kg
最低身長160cm〜

シフト・アシスト(補助)機能

ギア・シフト段階6段階
アシスト段階3段階
アシスト走行距離80km
補助速度24km/h

ONEBOT 電動アシスト S9のバッテリー

バッテリー容量7.8Ah
充電時間3〜5時間
充電形式リチウムイオン
充電器
バッテリー交換目安

ONEBOT 電動アシスト S9の評価

電動自転車(ミニベロ)の平均性能と価格

Dimo調べ「43台の電動自転車(ミニベロタイプ)の平均値」です

平均相場133,367円
バッテリーAh7.19Ah充電時間4時間
アシスト段階3段階アシスト距離31km〜62km
重量20kg全長1,535mm
545mm補助速度24km

自転車とは一味違う!E-BIKE

ONEBOTの見た目はミニベロ(小型タイヤ自転車)とはどことなく雰囲気からして違うのがわかる。ONEBOT S6はタイヤサイズが16インチとかなり小さかったが、ONEBOT S9はそのひとまわり大きい20インチ。また、ペダルをつなぐフレーム部分(クランク)が短く一生懸命漕がないとダメなのでは?と不安を感じる人もいるかもしれない。

しかし、そんな不安が吹き飛ぶほどの快適性。軽くペダルをプッシュするだけでスピードが出て、わずかな距離でアシスト速度制限の24kmに到達する。漕ぎご心地はもはやバイクに近い。

場所も取らない折りたたみ式

メカニックな姿をしているが、折りたたみ収納する事ができる。ハンドルを引き上げ、折り畳まれた車体を広げるだけという簡易さで、車に積んで持ち運ぶこともできる。ちょっと離れた公園でのサイクリングや観光地を散策する場面で重宝できる。

本体重量について

本体重量は平均よりも少し重い21.5kg。(バッテリー含む)そのため、車に積み込む時など女性は持ち上げる事が少し困難な場合がある。体力に自信のない方は2人での作業をおすすめする。

バッテリー容量と充電時間について

バッテリー容量はミニベロタイプの電動自転車の平均とはぼ同じ7.8Ah。平坦な道でフル充電時は80kmほども走ることができる。坂道が多い場所や風が強い日などはアシスト走行距離が短くなる場合があるので注意が必要。

普段使いなら1日で50km近く走ることはないと思うので2日に1回くらいの充電をすれば間に合うだろう。手元の電源を入れた際に残量を確認できるので要確認。充電時間は3〜5時間ほどなので遠出する際は前日にしっかり充電しておくとよい。

ライトも標準完備

ライトは標準搭載なので別途購入する必要がない。LEDライトで暗い夜道も明るく照らしてくれる。

ONEBOT 電動アシスト S9の総合評価

ミニベロ評価
評価Sランク

バッテリーはフレーム内に内蔵されているので、電動自転車の野暮ったさが無く、かなりメカニックなデザインが特徴。クランクが短く自転車を漕ぐという意識から外れた新感覚e-bikeです。

値段は10万円を超えてしまうが、アシスト走行距離など優れている点が多いので余裕がある人は購入しても損はないだろう。

ONEBOT 電動アシスト S9に合うレインカバー


2000mmサイクルカバー
子供用自転車サイズと通常自転車サイズがあり、自転車のサイズに合ったカバーを付けることができる。向い目もしっかりしていて、厚手生地のため雨・風・紫外線から大切な自転車を守ってくれる
Yahoo!
2,480円〜
Amazon
1,680円〜
楽天市場
1,980円〜
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「生活に役立つ」をコンセプトに様々な商品・サービスの最適解をお届けする情報サービス。独自に設けた基準から比較評価をし、ユーザーにより良いモノを選んでもらえる体験ができるよう毎日掲載情報の精度向上に向け更新・執筆をしています。

目次
閉じる