MENU

【2022年1月最新】冷え性改善グッズ5選

目次

そもそも冷え性とは?

主な冷え性の症状とは

冷え性の症状に関しては様々ですが、一部以下に抜粋致しました。

  • 手足が冷たい
  • 関節痛
  • 発汗しにくい
  • 肌が荒れやすい

冷え性の原因とは?

運動不足

運動しない事が直接の原因になるというよりも運動不足によって筋力が低下してしまう事が要因です。座り仕事が多かったり、通勤電車はずっと座っているなど、日々身体を使う習慣がなくなってきている方は要注意です。

基礎代謝の低下

基礎代謝とは生命活動を行っているだけで消費するカロリーのことです。基礎代謝が低下することで、体温の低下に繋がります。少し内容が被りますが、筋肉量の低下や食事制限が主な原因になります。

バランスが悪い食生活

栄養バランスが偏った食事を続けている事で、ビタミンやミネラルが不足して血の巡りが悪くなってしまい冷え性の原因になります。

喫煙

喫煙をすることで、血管が狭まり血流が悪くなり冷え性の原因に繋がります。

冷え性改善グッズ5選

ブランケット

ブランケットは下半身を温める事に最適なグッズになります。自宅での利用はもちろんオフィスで利用出来ると思います。羽織ったりする事で下半身以外を温める事が出来る等万能に身体を温めることが出来ます。

湯たんぽ

就寝時に末端が冷えて寝れない等の悩みを持った方におすすめです。保温時間が6時間~8時間程続くものがある為就寝中に使う分には充分だと思います。使用上の注意点としてはキャップの締めが甘かったりすると使用中にお湯が漏れてしまう危険性があります。

腹巻

冷え性で悩んだ時にはまず温めるべき場所はお腹周りになります。末端冷え性に悩んだ時は末端を温めがちですが、まずは身体の中心部を温める必要があります。人間の身体は生命維持活動に必要な部位を優先する性質があります。末端が冷えている時は臓器周りを集中している可能性がある為、まずは身体の中心を温めましょう。

靴下

靴下は何でも良い訳では有りません。締め付けが強すぎる靴下は血流が悪くなってしまい逆効果になってしまいます。その為保温目的の場合は専用のものを購入しましょう。また睡眠時は足先から熱発散をして体温を下げることで睡眠の質を上げる為睡眠時はなるべく靴下に頼ることはおすすめ出来ません。

パネルヒーター

コンパクトなものを選ぶことでデスク下で使用することが出来ます。パネルヒーターの良いところは一気に暖めるのではなくじんわりと空気を暖める為、心地よい暖かさが続きます。

デメリットとしては広い場所を暖める事には向いていません。とは言えデスク下で使用したり狭い室内で使用する場合は気にならないと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。冷え性に悩む方は多いと思います。今回は冷え性改善グッズを紹介させて頂きましたが、あくまでも目の前の症状を軽減するにしか過ぎません。根本的な解決策は日常の睡眠、運動、食事を正しくする事が最短の方法になります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる