MENU

安い!センス良し!のメンズスニーカーおすすめ7選!【2022年1月更新】

安いスニーカー 男性

デザイン性の高いスニーカーは増えていますが、実際に履いてみるとペタペタでボトムとのバランスがうまく合わなかったり、長時間歩いていると足が痛くて堪らないってことはありませんか?ソールが厚いスニーカーは歩きやすさや洋服とのバランスを取るのに大事な要素でもありますよね。この記事では実際に履いてもしっかりソールの厚さを実感できる。そしてデザイン的にもイケてるシューズたちをチョイスしてみました!参考にご覧ください。

こんな人に読まれています!
  • 4000円以内の靴を探している
  • 安くてもダサくない靴を選びたい
  • 他人と被るデザインは避けたい
  • おしゃれなスニーカーを探している
目次

安いスニーカー選びの注意点

スニーカーの相場は?

NIKEやアディダス、リーボック、オニツカタイガーといった有名ブランドの数多く出回っているメジャースニーカーは7000円〜15000円のレンジで販売されていることが多いです。型落ちデザインは1万円を切るのが相場です。ただ、人気スニーカーやワンシーズンしか登場しないデザインは2万円を超えてくる場合もあります。逆に安いスニーカーは1000円〜3000円と1回の飲み代よりも安く買えるものもあります。

ただ安いだけのスニーカーは要注意

5000円を切るスニーカーはかなり安いと思った方が良いでしょう。さらに3000円を切る値段になると購入した際にペラッペラで歩くと足が痛かったり、見た目からして「安っ!」「ださ!」と思われてしまいます。靴の印象だけでファッションセンスや見た目年齢も大きく変わってくるのでスニーカー選びは慎重になった方が良いです。

本記事では4000円という厳しいボーダーラインを切ってもなおクオリティの高いスニーカーを選定し紹介しています!

サイズは自分に合ったものを絶対に選ぶ

小学生や中学生の頃は足が大きくなるし、多少サイズが違ってもなんとかなると思いますが、高校生以上になると足のサイズなんてほぼ変わりません。足の大きさは靴屋さんやスポーツショップで簡単に測れるので自分の正確な足のサイズはきちんと把握しておきたいところ。自宅でメジャーを使って計測するのもありです。

ジャストフィットのサイズを選ばないと以下のデメリットが生じます。

  • 足と靴に空間ができ、足が臭くなる
  • 靴の型が崩れる
  • ソールの削れ方がおかしくなる
  • 疲労が溜まりやすくなる
  • 靴が破けやすくなる

大きいサイズを履くと足が蒸れやすく臭くなってしまいます。また、大小問わずサイズが合わないと型が崩れたり破損しやすくなってしまいます。メーカーによって自分の知る足サイズとイコールでない場合がありますので、できるだけ試着してから購入をおすすめします。

安い!センス良し!のメンズスニーカーおすすめ選10選!

ニューバランス MS009

歩きやすさ参考価格(相場)
3980円

コスパの良いカジュアルシューズ 

ニューバランスのデザインは基本的に上記のような形が主流なため、安いスニーカーと高いスニーカーで見分けが付く人はスニーカー好きくらいでしょう。街中でニューバランスMS009を履いている人も多く、男女共に人気の高さが分かります。休日の服装にも、オフィスカジュアルどちらにも合う無難なスニーカーなので万能といったところ。

ニューバランスCT10 CSB

歩きやすさ参考価格(相場)
3800円

服装を清楚に見せるスニーカー

ニューバランスMS009と違い、かなりカジュアルなスニーカー。オフィスカジュアルには高身長、アンクル丈を駆使するのような爽やかファッション系以外に合わせるのは難しいかもしれません。

ニューバランスCT10はスタイリッシュなフォルムで靴底は薄め。白ベースに差し色の青が入ることでかなり爽やかにみえ、服装に清楚感を出すことができます。ぼてっとした服装や体型が太めな方には合わないので注意。

Hummel Minneapolis Legend

歩きやすさ参考価格(相場)
3800円

男女兼用OKのスッキリデザイン

ヒュンメルを聞きなれない方も多いかもしれませんが、スニーカー界ではそこそこ有名なブランドです。コンバースよりも靴底はしっかりしているので歩きやすいです。Hummel Minneapolis Legendはレディースカジュアルとして販売されることが多いですが、男性も履ける30cmまで用意されています。

白ベースで青の差し色が入ったデザインやオールブラックのデザインもあります。ユニクロや無印良品で構成されたファッションなら白ベースで爽やかな印象を与える、暗めや全体が大きめに見えるファッションなら黒ベースで無難に履きこなすというのもあり。

スニーカー BS2 SK OX

歩きやすさ参考価格(相場)
2600円~

超有名ブランド「コンバース」

靴流通センターやABCマートといった靴の量販店で確実に取り扱われているコンバース。スニーカー BS2 SK OXはコンバースから出ているスニーカーになります。(量販店に販売されているかは店舗によります。)

靴底はコンバース特有の厚めなゴム盤といった感じで履き心地はコンバースのスニーカーそのもの。色とサイズのバリエーションで値段が変わってくるが、アマゾンでは最低2600円から購入することができるコスパに優れたスニーカー。

PUMA スマッシュ バルク CV

歩きやすさ参考価格(相場)
2990円~

PUMAの代表的なスニーカーの一つ

低価格帯で履きやすい靴として挙げられるのがスマッシュバル。足のサイズが25cm以下の方は2990円から購入することができる。無難なデザインは白黒ベースもので、赤色や青色が販売されていることがあるが、中学生が履く靴にしか見えないので高校生以上はできれば履きたくない。白黒ベースなら履いていても子供っぽく見えないのでおすすめ。

アディダス EE7691 ADVANCOURT BASE

歩きやすさ参考価格(相場)
3278円~

真っ白が逆に良い!おしゃれ度を上げよう

アディダス EE7691 ADVANCOURT BASEはアディダスで根強い人気のあるスタンスミスにかなり似ているスニーカーでもあり、スタンスミスと比べると半値以上安く買えるともあって手頃。

真っ白なため、新品の時は浮いているように見えるが、2〜3回履けば見た目的にもしっくりくるはずだ。全く手入れをしないと薄汚い靴になってしまう点は注意。真っ白なデザインは清潔、清楚さを出すことができるのでオシャレ度が格段に上がる。

チャンピオン ローカット CP LS002J

歩きやすさ参考価格(相場)
3,900円~

人気型のスニーカーをチャンピオンで

チャンピオンはパーカーなどのアパレルで有名だが、コンバースでも人気の高いフォルムでスニーカーも販売している。チャンピオンの人気ロゴがあしらわれ、ワンポイントで「どこのスニーカーだよ」というネガティブ印象を払拭することができる。色のバリエーションも多く、自身の着こなしに合わせて選べるのも嬉しいポイント。相場は3900円からとなっており、靴のサイズや色によって価格が変動する。

安くて良いメンズスニーカーおすすめ選10選!まとめ

予算4000円を切ると有名ブランドシューズの選択肢がかなり減ってしまいます。前述で紹介してきた有名ブランドシューズはギリギリ紹介できる商品で、在庫が無くなれば無くなってしまう可能性もあるシューズです。もっとクオリティや履きやすさを上げたい場合は8000円前後の予算は考えておきたいところです。

ユニクロ、GU、無印もおすすめ

ブランドにこだわらない、スニーカーのフォルムだけ人気スニーカーに寄せたいという人も多いと思います。そういう方はユニクロやGU、無印良品といったお店でも3000円前後で購入が可能です。そちらも覗いてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる