MENU
レンタルサーバーを徹底比較!詳細はこちら

二日酔いの対処におすすめ!飲み物と食べ物紹介します

リモートワークが流行っている世の中では飲み会の機会は減っていますが、お店で飲む機会が減っただけであって家で飲むようになりお酒を飲む量はそこまで変わらない方は多いのではないでしょうか?ついつい飲み過ぎて次の日の朝二日酔いになってしまい休みの日が寝て終わってしまう何てことになるように本記事では二日酔いの対処について紹介します。

目次

そもそも二日酔いはなぜなるのか?

なぜ二日酔いになるのか?

二日酔いのメカニズムは飲酒によって摂取したアルコールは肝臓によって分解されます。肝臓の分解作業に伴ってアセトアルデヒドという物質が出来ます。アセトアルデヒドとは吐き気や頭痛を引き起こす働きがあり、このアセトアルデヒドこそ二日酔いになる原因になる物質になります。

すべてのアセトアルデヒドが悪さする訳ではなく、アセトアルデヒドを分解する事が出来る酵素が働き、無害な酢酸と水に変えることが出来ます。その為、少しお酒を飲んだ程度であれば二日酔いにならない理由です。酵素のキャパシティーを越えてアセトアルデヒドの分解が追いつかない時に二日酔いの症状が出ます。

二日酔いの主な症状とは?

  • 頭痛
  • 胃痛、胃もたれ
  • 吐き気

二日酔いの主な症状は上記の3つが一般的です。これらの症状は午前中に収まることもあれば2日以上も続く場合があります。不思議な事に二日酔いの症状に悩まされて後悔してもまた、飲み会に参加したりお酒を購入してしまうという矛盾があります。

二日酔いの対処におすすめの食べ物

アロエヨーグルト

アロエヨーグルトは二日酔いの食欲がない時にも流し込むことが出来ます。二日酔いの対処におすすめ出来るポイントはアロエは肝臓の解毒作用を活性化するアロエチンという成分が入っています。飲酒が始まった時からアルコールやらアセトアルデヒドを分解する為に肝臓は働いています。肝臓の機能を活性化する成分が入っているアロエヨーグルトは二日酔いの対処に有効と言えます。

おにぎり(梅)

梅のおにぎりが二日酔いの対処におすすめのポイントは梅干しは食べると肝機能を向上させて肝臓の負担を減らしてくれます。お米に関しては糖分を摂取することが出来ます。二日酔いの時は尿の排出と共に糖分が不足する事があり、補給する必要があります。肝機能の向上と糖分の補給の2つの役割をこなす梅のおにぎりは二日酔いの対処におすすめと言えます。

しじみ味噌汁

二日酔いには有名な食べ物と言えばしじみ味噌汁と答える方が多いのではないでしょうか?実際にしじみ味噌汁は二日酔いの対処におすすめの食べ物です。しじみに含まれるオルニチンという成分には肝機能を高めてくれるだけではなく、血中の毒素を分解する働きがあります。

アルコールの分解には水分が使われる為、水分や塩分の補給が必要になります。その事を踏まえるとしじみ味噌汁は二日酔いの対処におすすめの食べ物と言えます。

森永ラムネ

巷でも噂になっていますが、二日酔いの対処に森永ラムネが効くという話があります。梅のおにぎりでも紹介していますが、肝臓がアセトアルデヒドを分解していると糖質が不足します。森永ラムネは90%がブドウ糖であり糖分の補給に打って付けです。つまりは二日酔いの対処におすすめと言えます。

二日酔いの対処におすすめの飲み物

アルコールを摂取すると利尿作用が働き排尿と共に体内の水分が抜けていけます。また体内に入ったアルコールを分解をする際にも水分が必要になります。お酒を飲んで水分が足りていると勘違いされがちですが、その逆です。

出来る事ならば、二日酔いになった後ではなくお酒を飲むときに一緒に飲むことがベストです。

トマトジュース

トマトジュースが二日酔いの対処におすすめの理由はアミノ酸やクエン酸、糖類が含まれていて、アルコールの分解を促進する酵素(LDH)の働きを活性化させる為、二日酔いの対処におすすめと言えます。

注意点としてはトマトの中にはカリウムという利尿作用がある成分が含まれている為、トマトジュース単体ではなく他の水分補給の手段と併用することがおすすめです。

スポーツドリンク

アルコールを摂取すると分解やら利尿作用で水分が不足しがちと紹介させて頂きました。スポーツドリンクを飲むことで水分だけではなくミネラルや糖分を同時に補給することが出来る為、二日酔いの対処におすすめと言えます。

諸説ありますが、お酒と一緒にスポーツドリンクを飲むと身体に回るのが早くなり危険という噂を聞いたことはないでしょうか?憶測ですが、スポーツドリンクは体への吸収速度が早くなるように工夫された飲み物です。お酒の吸収速度も一緒に上がるのでは?と考えた方が思ったのではないでしょうか。むしろ二日酔いの予防にもなる為、危険性は低いと言えます。ただ、飲みすぎると糖分過剰になる為、お酒と同様に節度を持って飲みましょう。

コーヒー

二日酔いで頭痛に苦しんだ経験はないでしょうか。二日酔いの頭痛の原因はアセトアルデヒドが血管を拡張していることが原因です。寝すぎて朝起きた時に頭痛が起きる時と同じ理由です。コーヒーにはご存知の通りカフェインが含まれており、カフェインには血管収縮する作用があり、頭痛の原因にアプローチ出来ます。

トマトジュースと同様にカフェインにも利尿作用がある為、別途水分補給をしておきましょう。

ウコンドリンク

右近に含まれるクルクミンはアセトアルデヒドの分解を促進する働きがあると言われています。また胃液や唾液の分泌を促し胃の保護をする作用があり、胃炎などの生薬として用いられることがあり、二日酔いの対処におすすめと言えます。

ですが、アセトアルデヒドの分解促進については人間が対象とした実験ではない為、エビデンス的に信用度にかける為賛否が分かれています。

サプリメント・漢方薬を使って二日酔いの対処

ハイチオールC

ハイチオールCは肌のしみやそばかすの対策としての認知度が高いサプリメントですが、効能部分にしっかりと二日酔いと記載がされています。ハイチオールにはシミの原因となるメラニンの生成を抑制、排出を促進させると言われてるL-システインが含まれています。そのL-システインこそがアセトアルデヒドの分解をサポートする事で、二日酔いに効果があるというからくりになっています。

黄連解毒湯

黄連解毒湯は漢方の一種ですが、熱による炎症を抑える効果があり、二日酔い時の胃の不快感や頭痛に効果的と言われています。

ビタミンB群サプリメント

体内でアルコールを代謝するにあたってビタミンB2、B6、B12が消費されます。ビタミンB群が不足してしまうとアルコールの代謝がうまくいかず、二日酔いが長引いてしまう為、不足しないようにビタミンBを取っておきましょう。

ミラグレーン

ミラグレーンは商品のパッケージから二日酔いに効きそうなビジュアルをしています。ビジュアルだけではなく、二日酔いに効くタウリンやゴオウが含まれており、肝臓の働きを助ける効果があります。

頭痛薬

頭痛薬はアルコールの分解を助けるような成分は無いですが、アセトアルデヒドが原因で引き起こす頭痛を抑えてくれます。注意しなければならないことは、痛みは治まりますがアルコールが抜けきった訳ではない為必要な栄養の摂取も合わせて行っておきましょう。

二日酔いを予防するには

空腹で飲まない

胃の中に何も入っていいない状態でお酒が入ってくると、胃が荒れやすくなります。おすすめの食べ物はチーズや牛乳などの乳製品や肉や魚などタンパク質を入れる事がおすすめです。

自分が飲める範囲を知っておく

二日酔いになってしまう原因は自分のアルコールの分解のキャパシティーを越えてしまう事がそもそもの原因になります。自分のアルコールへの耐性を知る方法を紹介します。

パッチテスト

パッチテストとはアルコールを数滴落とした絆創膏などを貼って放置して剥がした後の皮膚の反応をみてアルコールへの耐性を判断する方法です。専用のキットも販売しているので、飲み会のデビュー前に試してみてはいかがでしょうか。

アルコール 遺伝子検査

口腔粘膜を採取して専門機関に送って検査してもらう方法です。パッチテストに比べると精度は高く、専門的な見解が聞けるなどメリットも多いですが、結果が来るまでの時間が掛かったり、金額も少々高めです。

二日酔いの対処におすすめまとめ

二日酔いはお酒が好きな方はほとんどの方が経験することでしょう。本来は二日酔いは自分のアルコール分解のキャパシティーを越えたという信号になる為対策しても良いのか?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。とはいえ自発的な飲み会以外にもお酒と付き合わなければならず、次の日の予定に影響を出さない為には対処の手段を持っておくと良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「生活に役立つ」をコンセプトに様々な商品・サービスの最適解をお届けする情報サービス。独自に設けた基準から比較評価をし、ユーザーにより良いモノを選んでもらえる体験ができるよう毎日掲載情報の精度向上に向け更新・執筆をしています。

目次
閉じる