MENU
レンタルサーバーを徹底比較!詳細はこちら

JR京浜東北線のプラレールは何がある?車両一覧

京浜東北線アイキャッチ

本記事ではタカラトミーから発売されているプラレールについての紹介を行っています。プラレールはアニメとのコラボなどの例外を除けば実際に走っている電車を元に商品化されているケースが多いです。今回はプラレールのJR京浜東北線をピックアップして商品の紹介を行っています。

目次

プラレールにあるJR京浜東北線の車両一覧

プラレール S-33 E233系京浜東北線

種類プラレール
参考価格Yahoo! 1540円〜
Amazon 3480円〜
楽天市場 1470円〜
サイズ‎41.5 x 15.8 x 4.39 cm; 281.23 g

2006年12月にデビューしたE233系の車両をモデルにしたプラレールです。誤飲防止のために電池ケースの蓋にネジ式を採用しており安全に遊ぶことが出来ます。駆動に必要な電池は単三電池×1になります。

アドバンス AS-11 E233系京浜東北線

種類プラレールアドバンス
参考価格Yahoo! 8090円〜
Amazon 5980円〜
楽天市場 7980円〜
サイズ19.99 x 14 x 3.4 cm; 58.97 g

2006年12月にデビューしたE233系の車両をモデルにしたプラレールです。通常のプラレールよりもデティールが高い作りが特徴的です。駆動には単三電池×1が必要です。

プラレールの種類

はじめてのプラレール

おもちゃに興味が出始めて実際に触れ始める時期(1歳~)の子供におすすめなのが、はじめてのプラレールです。はじめてのプラレールは通常のプラレールの車両に比べて小さく設計されており、小さい手でもちょうどいいサイズになっています。車両の中にビーズが入っており走ると音がなり子供の興味を引くような工夫があります。バッグやベビーカーにつけやすいベルトが付いているなど、親御さんにも嬉しい設計になっています。

プラレール

一般的にいうプラレールになります。3歳頃からは自分でコースを創意工夫して組み上げていくプラレールがおすすめです。プラレールは自分でレールを組んでその上を電池を動力に動く車両を走らせることができます。車両とレール以外にも駅や踏切や車庫などのパーツもあり、はじめてのプラレールに比べると遊びの幅が一気に広がります。

プラレールアドバンス

6歳頃からは通常のプラレールでは物足りなさが出てくることでしょう。プラレールアドバンスは2011年から発売された従来のプラレールの1/2のサイズで車両のデティールも高いおもちゃです。基本的な遊び方は通常のプラレールと同じですが、通常のレールを2両並んで走行することができ、実車さながらの迫力があります。通常のプラレールではないような、自動停止・自動発車・連続発車などの機能を付けることが出来て、通常のプラレールよも複雑な線路の組み上げが出来ます。

プラレールが長年愛される理由とは?

プラレールの歴史

プラレールは1950年代から発売されている鉄道玩具です。青いプラスティックの線路の上を電池で駆動する車両が走るというおもちゃです。発売当初から遊び方や基本的な機構は変わっていない為、子供だけではなく、昔遊んだ親御さんも楽しむことが出来ます。

プラレールはなぜ人気なのか?

プラレールが人気の理由は遊び方の自由度が高いおもちゃということです。車両と線路をセットで発売している場合がありますが、線路の組み方は遊ぶ子供次第で、どんな線路を組むのかという知育玩具としての一面も持っています。また基本的にミニ四駆のように走らせるまでに細かいパーツを組み上げる必要がない為、簡単且つ安全に遊ぶことが出来ます。

プラレールの魅力は遊びやすさにプラスして、車両の種類の豊富さです。身近な実際にある車両はもちろん、トーマスのような鉄道アニメなどアニメキャラクターとコラボなどがあります。最近では鬼滅の刃の無限列車編にちなんだコラボ商品が人気です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「生活に役立つ」をコンセプトに様々な商品・サービスの最適解をお届けする情報サービス。独自に設けた基準から比較評価をし、ユーザーにより良いモノを選んでもらえる体験ができるよう毎日掲載情報の精度向上に向け更新・執筆をしています。

目次
閉じる