捻(ねん)とは?|種類と選び方・目的って?|レザークラフト

レザークラフト念の種類と選び方

レザークラフトでは「念」や「捻」といった言葉がよく出てきます。読み方は「ねん」と読み、革に引かれた線(ガイドライン)が「捻(ねん)」なのです。レザークラフトでは線を引く道具「ネジ捻」が必要になる場面があり、使い所や種類も様々あります。本記事ではレザークラフトで使う捻(ねん)について紹介していきます。

こんな人におすすめ
  • これからレザークラフトを始めようと思っている人
  • もっと詳しく捻について知りたい人
目次

捻(ねん)とは?

捻とはレザークラフトの工程の中の一つにある捻引きや捻入れと呼ばれる作業に使う道具のことです。捻を使うか使わないかで完成した作品の印象が変わります。捻の必要性などについては後述させて頂きます。

捻の意味と必要性

まず、何のために捻引きをするのか。その目的は以下の2つと言われています。

美しく仕上げるため

捻を使用する理由の一つ目は美観性の面です。捻引きを行うことで、縫う場所のガイドラインを引くことが出来ます。ガイドラインに沿って菱目打ちを打つことで真っ直ぐで美しく仕上がります。

丈夫に仕上げるため

一見ガイドラインを引いただけで、丈夫さが変わるのか?と思うかもしれませんが、捻引きをする事により革が潰れて溝になります。その溝に糸を通すため、糸が擦れにくくなることで丈夫さが変わります。

捻引きの図

極端な図ですが、左側は捻引きをした場合、右側は捻引き無しで縫った場合の図になります。

また、捻を使用する際に熱して捻引きを行うことでコバ(革の断面)が締まり、毛羽立ちを抑える、耐水性が上がりコバから水分が入りシミになってしまうことを防いでくれます。

捻の種類

捻にも様々な種類がありますが今回はレザークラフトに使用する捻をピックアップして紹介させていただきます。

フチ捻(玉捻)

価格Amazon 780円~
Yahoo! 1,914円~
楽天市場 1,200円~

フチ捻は名前の通り、フチを使った捻入れがしやすい捻です。菱目打ちをする前のそもそものガイドラインが曲がってしまったら、元も子もありません。フチ捻はガイドラインを引くためのガイドとして革のフチを使う事ができ、コバ熱処理も同時に行うこと事が出来る捻です。

ネジ捻

価格Amazon 1,049円~
Yahoo! 1,743 円~
楽天市場 1,114円~

フチ捻はフチから一定の間隔でしか捻引きが出来ない為、バリエーションを増やすためには様々な幅の念を用意する必要がありますが、ネジ捻はネジで捻の幅の調整が出来るため一本で様々な間隔のラインを引くことが出来ます。

一重捻

他の捻と違い、捻引きの際にフチのガイドラインに頼ることが出来ない為、使用の難易度は少し高い捻です。逆を返せばフチにとらわれず自由に捻引きを行うことが出来ます。

押し捻

価格Amazon扱い無し
Yahoo! 6,820円~
楽天市場 6,820円~

押し捻は他の捻とは少し違い、溝を作るのではなく、革のを平面的に潰して作品に立体感を持たせるために使用します。L時の形状をしており、長い面を革に押し当ててへこみを作って行きます。熱を加える事で、フチ捻などと同時にコバの処理も並行して行えます。

押しあてる面が凹んでいたり、さびてしまっている場合、綺麗に革を加工することが出来ない為、メンテナンスの重要性は他の捻よりも高いと言えます。

ネジ捻の使い方

これまで紹介して来たようにレザークラフトにおいて捻入れの作業は重要な工程になります。

ここでは捻の中でも使い勝手の良い、ネジ捻の使い方について紹介します。ネジ捻の使い方は非常にシンプルで、刃の間の間隔を調整して片方をフチにかけてもう片方を革に押し当てて引く。ただそれだけです。何度も言うように捻入れをやるやらないでは作品の完成度は大きく変わります。

ネジ捻の使い方のコツ
  • 縫いたいポイントに印を付けて、それを基準にネジ捻を調整する。
  • 熱して使う事でコバの熱処理が出来る

クロム革に捻を入れることはあるの?

クロム革は強度が強く、耐熱性にも優れている為、ネジ捻等で線を引くことが難しいです。クロム革を相手にする場合は捻をアルコールランプ等で温度をしっかり上げておくか、はんだごてが付いた捻を使用することで加工をすることが出来ます。

そのため初心者のうちからクロム革に手を出すことはハードルがたかいかもしれません。

ホットモデラを使う

クロム革のような熱や圧力が通りにくい革には熱を電源から供給し続けるホットモデラ等がおすすめです。ガイドラインを引くだけでなく、名前などの印字したりと作品にオリジナリティを出したいという方にもおすすめです。

捻(ねん)まとめ

今回紹介した捻一覧

商品名価格
フチ捻(玉捻)1000円〜
ネジ捻1000円〜
押し捻6000円〜
電気捻3600円〜

いかがでしたか?捻を入れることで革のフチが引き締まり、高級感が出るのでぜひ試してみてくださいね。これを機会にレザークラフトに興味を持ってもらえたら嬉しいです!

レザークラフトに関する記事一覧

レザークラフト
レザークラフト革の種類
レザークラフト稔
菱目打ち
レザークラフト針の種類
レザークラフトロウ糸
接着剤
ローラー
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「生活に役立つ」をコンセプトに様々な商品・サービスの最適解をお届けする情報サービス。独自に設けた基準から比較評価をし、ユーザーにより良いモノを選んでもらえる体験ができるよう毎日掲載情報の精度向上に向け更新・執筆をしています。

目次