イオンゴールドカードのメリットとデメリット|招待条件や還元率を分かりやすく紹介

イオンカードゴールド

本記事はイオンゴールドカードの紹介を行っており、イオンゴールドカードの年会費や招待条件、どんな人におすすめかをまとめた内容となっています。本記事はイオンカードをすでに持っている方やイオンカードを作る予定があり、イオンゴールドカードにグレードアップを検討している方向けの記事となっています。

目次

イオンゴールドカードの基本情報

引用:イオンカードセレクト
年会費(税込)無料
基本ポイント還元率0.5%
ポイントプログラムWAONポイント
付帯保険ショッピング保険(年間上限300万円)
追加カード家族カード
ETCカード
国際ブランドVisa
Mastercard
申し込み条件対象のイオンカードで条件達成で、
インビテーション(招待)が届く

参考資料:イオンカードセレクト

\ WEB限定5000pt進呈! /

イオンゴールドカードの作り方

イオンゴールドカードはいきなり作れない

イオンゴールドカードはいきなり作る事は出来ません。イオンゴールドカードに切替可能なイオンカードを持っているかつ、条件を達成することでインビテーション(招待)が届き切替の手続きを行う必要があります。以下、対象のイオンカードになります。

イオンカード(WAON一体型
イオンカード(WAON一体型/ミッキーマウスデザイン)
イオンカード(WAON一体型/トイストーリーデザイン)
イオンカードセレクト
イオンカードセレクト(ミッキーマウスデザイン)
イオンカードセレクト(トイストーリーデザイン)
参照:イオンカード

インビテーション(招待)が来る条件は?

イオンゴールドカードのインビテーション(招待)が来る条件はイオンカードの利用額が年間100万円を越える事が条件になります。

公式的に言われていない為、断言出来ませんがイオングループでの買い物頻度や良好なクレヒス(信用情報)があるとインビテーションが来る事があるとのことです。私自身は利用額の達成で作ってしまった為わかりかねます。

どんな条件にしろまずはイオンカードを持つことがイオンゴールドカードへの第一歩になります。

\ WEB限定5000pt進呈! /

イオンゴールドカードと他のイオンカードの比較

特典内容
年会費無料無料
空港ラウンジ国内6空港
ショッピングセーフティ保険年間300万円まで年間50万円まで
海外旅行傷害保険
(利用付帯)
最高5000万円
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
最高3000万円
参照:イオンカード

イオンゴールドカードと他のイオンカードの違いは旅行関連の特典に差が出てきます。旅行や出張でよく飛行機を使うという方はイオンカードの中でもイオンゴールドカードがおすすめでしょう。

イオンゴールドカードのメリットは?

年会費が永年無料

ステータスが高いカードは基本的には年会費が高い傾向にあります。ですが、イオンゴールドカードは年会費が永年無料の為、かなりコスパが高いゴールドカードと言えます。

イオンラウンジが使用可能になる

イオンゴールドカードになるとイオンモールの中にあるイオンラウンジが利用できます。イオンラウンジはお菓子と飲み物を飲むことが出来ます。ですが、コロナ禍が始まってからは閉鎖しており再開の予定もたっていない状況です。

国内の6箇所の空港ラウンジが使用可能

空港名ラウンジ名
羽田空港(第1旅客ターミナル)POWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港(第2旅客ターミナル)POWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE CENTRAL
エアポートラウンジ(南)
成田空港IASS Executive Lounge2
新千歳空港スーパーラウンジ
伊丹空港(大阪国際空港)ラウンジオーサカ
福岡空港ラウンジTIME/ノース
ラウンジTIMEインターナショナル
那覇空港ラウンジ華~hana~

国内の空港ラウンジを利用できます。空港ラウンジでは飲み物が飲み放題だったり、Wi-Fiが使えたり、場所によっては食事を取ることが出来ます。空港ラウンジは使わなくても問題ないですが、使う事でちょっとした特別感を得る事が出来きたり、フライト時間まで作業が出来たりとフライトの空き時間も効率的に利用したいという方におすすめです。

イオンゴールドカードのデメリットは?

ポイント還元率が低い

イオンゴールドカードはイオンセレクトカードと同様にイオングループの系列店を利用する場合はポイント還元率が1%と高いですが、その他のお店では還元率が0.5%となります。他のカードでは還元率が1%ある場合がある為、還元率に関しては優れない部類に入ります。

利用できるラウンジが少ない

イオンゴールドカードは国内6空港のラウンジを使用出来ますが、他のクレジットカードでは国内・海外の空港ラウンジを利用することで出来る場合がある為、他のカードに比べると見劣りしてしまいます。

イオンゴールドカードはどんな人におすすめ?

イオングループの店舗で買い物する人

イオンゴールドカードはイオンセレクトカードと同じようにイオングループ系列のサービスを利用する場合に高いポイント還元率や優待を受けられることが出来ます。日常的にイオングループのサービスを使うという方はおすすめ出来ます。

ランニングコストを気にする人

イオンゴールドカードは永年年会費が無料である為、ランニングコストを気にすることなく持っておくことが出来ます。基本的にクレジットカードの年会費を越える特典が貰える為、年会費が少し高くても持つ価値があります。ですが、前提条件としてクレジットカードを使って貰える特典がほとんどなので、現金派の方は損してしまう場合があります。

普段から現金派で基本はクレジットカードを使わないという方でも持っているだけならお金が掛からない為、「一枚くらいはクレジットカードをもっておこう」という方におすすめです。

ショッピングセーフティを使いたい人

ショッピングセーフティとはイオンカードを使用して購入した5,000円以上の商品を対象に偶然の事故(破損、火災、盗難)が起きた時に補填を受ける事が出来るサービスです。イオンカードは年間50万ですが、イオンゴールドカードになると年間300万までが限度額になっています。

まとめ

イオンゴールドカードはとりあえずゴールドカードを持ちたいと言う方や普段の買い物からイオングループ系列を使用するという方におすすめです。年会費が無料で、利用金額の条件以外は得に条件がない為、比較的に持ちやすいゴールドカードです。

機能の良し悪しはありますが、通常のイオンカードよりも決済限度額やキャッシング枠が多い為、節度を持って使用すると言う事は通常のカード以上に気を付ける必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「生活に役立つ」をコンセプトに様々な商品・サービスの最適解をお届けする情報サービス。独自に設けた基準から比較評価をし、ユーザーにより良いモノを選んでもらえる体験ができるよう毎日掲載情報の精度向上に向け更新・執筆をしています。

目次