どっちを選ぶ?ConoHaWINGサーバーとロリポップ!を比較!

レンタルサーバーを選ぶ際に値段の安さで候補に上がってくるのが「ConoHaWING」と「ロリポップ!」でしょう。両サーバー共に500円台から利用できますが、契約年数によってそれはまた変動します。

レンタルサーバーは安いから良いというわけでもなく、サイト表示速度や管理画面などの使い勝手、接続の安定性なども考慮しなくてはいけません。本記事では「さくらのレンタルサーバー」と「ロリポップ!」を比較してどっちが良いか紹介していますので参考にご覧下さい。

目次

ConoHaWINGとロリポップを簡易比較

ロリポップ
スタンダード
ロリポップ
ハイスピード
ConoHaWING
初期費用1,650円0円0円
月額費用
1年契約
660円825円901円
初年度
利用料
9,570円9,900円10,812円
月額費用
2年契約
550円770円851円
初年度
利用料
8,250円9,240円10,212円
月額費用
3年契約
440円550687円
初年度
利用料
6,930円6,600円8,244円
メール
使い勝手
メルマガあり
快適性◎
メルマガあり
快適性◎
メルマガなし
快適性△
プラン後から
グレードアップできる
後から
プラン変更できない
サイト
表示速度

料金を比較すると安さではConoHaサーバーではロリポップにはやはり敵わないといったところ。また、メルマガ配信機能といったオプションに差は生じています。

といってもサイトの要となるサイト表示速度はConoHaの方が優位なため、SEO対策を意識している方はConoHaWINGを使った方がおすすめと言えます。

ConoHaWINGとロリポップの比較:料金

初期費用はかかる?

ロリポップ!はハイスピードプラン未満のプランでは初期費用1650円が発生します。その一方でCnoHaWINGではどのプランも初期費用はかかりません。

更新頻度の少ないホームページを作る場合は、月額費用の安いライトプランを選びがちです。しかし、短期契約で比べるとハイスピードプラントほぼ変わらないので短期的な利用をする場合はハイスピードプランを選んでしまった方がサイトの状態とも合わせてコスパは良いでしょう。

長期的なランニングコストはどっちが安い?

ロリポップ
スタンダード
ロリポップ
ハイスピード
ConoHaWING
初期費用1,650円0円0円
月額費用
1ヶ月契約の場合
880円1,320円
月額費用
3ヶ月契約の場合
3,960円3,630円3,630円
月額費用
6ヶ月契約の場合
5,940円5,940円6,600円
月額費用
1年契約の場合
9,570円9,900円10,812円
月額費用
2年契約の場合
14,850円18,480円20,424円
月額費用
3年契約の場合
17,490円19,80024,732円

それぞれのプランを料金比較すると「ロリポップのライトプランが圧倒的に安いことが分かります。

ロリポップのスタンダードとハイスピードプランを比較すると短期的に見てハイスピードプランの方がお得です。長期的に見れば2000円ほど差がありますが、その分サイト表示パフォーマンスが優れているのでSEOを意識するならハイスピードプランの方がコスパが良いことが分かります。

料金比較まとめ

  • 速さ重視ならConoHaWINGで決まり
  • ロリポップを使うならハイスピードプランがコスパ良し

ConoHaWINGとロリポップの比較:シェア率

ロリポップ!は国内シェアNo2の実績を持つ

WEBサーバーのシェア率

1位エックスサーバー、2位ロリポップ、3位さくらのレンタルサーバー

日本ウェブホスティングのマーケットシェア

日本ウェブホスティングのマーケットシェアではロリポップがConoHaWINGよりも利用者が多いようです。ただ、ConoHaWINGもメキメキとユーザー数を増やしているのも事実。

ConoHaWINGとロリポップの比較:初心者の使い勝手

直感的な操作なら「ConoHaWING」

ConoHaWINGの管理画面はこんな感じ。サイト管理の部分でワードプレスの立ち上げやSSL設定など全て行うことができます。WordPressの設定も難しい設定はなく簡単にデータベースが用意されるので初心者でも扱いやすいです。

予めテーマの購入をしておくことでワードプレスのテーマインストールも一貫して行うことも可能です。(ConoHa取扱のテーマのみインストール機能が使えます。)無料のブログテーマもあるのでブロガーには始めやすくおすすめです!

ロリポップは管理画面が古い

さくらサーバーの管理画面

ロリポップの管理画面はConoHaWINGと比べるとUIが悪く、どこに何があるのか一目で分かりづらいです。ただ、ワードプレスの簡単インストール機能はもちろん、初期設定時からブログを書くことができる人気テーマ「COCOON」をインストールができるのでブログを始めたい方にはおすすめ。

さくらサーバーはワードプレスインストール後に自身でサイトのテンプレートなどを落とし込む必要があります。

使い勝手まとめ

  • ロリポップもConoHaもブロガーが使いやすい
  • 管理画面が整っているのはConoHa

ConoHaとロリポップの比較:メール機能

項目スタンダードハイスピードConoHaWING
メールアドレス
登録数
500件まで500件まで無制限
メールマガジン機能登録数:10件
1件あたり500件まで
登録数:10件
1件あたり500件まで
なし
メール送信数制限1,000送信/時間
10,000送信/日
1,000送信/時間
10,000送信/日
非公開

ロリポップにはメルマガ配信機能あり

ロリポップサーバーではサーバー側でメルマガ配信をする機能がついています。顧客アドレスを持っているショップや企業はお知らせを定期的に行うことが可能になるので非常に便利。

一方でさくらのレンタルサーバーにはメルマガ配信機能はないので、メルマガ配信を行いたい方は別の方法を用意しなくてはいけません。

メールアドレスの発行上限はConoHaWINGが優勢

ロリポップは多機能ですが、メールアドレスの登録は1アドレスにつき500件までとなっています。よほどの大企業でない限り上限に達することはない数字ですよね。一方でConoHaWINGは上限を設けていません。

メール機能まとめ

  • 大量のメールアドレスを使用するならConoHaWING
  • メルマガ配信したいならロリポップ!

ConoHaWINGとロリポップの比較:サイト表示速度

サイト表示速度は大差なし

ロリポップ
表示速度テスト
PC版
86.1
スマホ版
53
ConoHaWING
表示速度テスト
PC版
98
スマホ版
84

表示速度は小規模〜大規模サイト及び、ブログ・コーポーレートサイトの組み合わせで複数サイトを計測。pagespeedinsightの点数を平均で出したものになります。計測時間帯、計測日は全て同一です。

ロリポップはハイスピードプランのパフォーマンスになります。ConoHaと比べるとかなりの差があることが分かりました。SEO対策を意識している人からすればConoHaを選ぶべきと言えます。

サイト表示速度まとめ

  • 早いのはConoHaWING

さくらサーバーとロリポップの比較:サポート

土日祝日・指定日は電話対応なし(ロリポップ)

ロリポップは電話サポート対応が平日9:30〜13:00、14:00〜17:30で対応してくれます。サーバーの使い方を調べた上でもわからない場合は電話することで解決することができます。

レンタルサーバーがよく分からない、WEBのことが苦手といった人にはありがたい体制です。

サポートは土日祝がお休み

ConoHaWING(コノハウィング)は土日祝しっかり休みます!ということで大型連休などは何かあっても対応してもらえないという結構痛手となるデメリットを抱えています。

そのため、企業でのレンタルはあまり推奨できないと言えますね。学生や個人ブロガーはそこまで社会的リスクがないのであまり気にならないかもしれませんが…。会社のHPを作る、会社の収入源となるメディアサイトを展開するといった場合はあまりおすすめできないかもしれませんね。

無料お試しができない

ConoHaWING(コノハウィング)は他のサーバーと比較して、10日間無料お試しができないので実際のスピード感などは契約後でないと把握できません。

もし、エックスサーバーやロリポップサーバーのように10日間無料利用ができるのであればサイト表示速度がどれくらいになるのかテストサイトをアップロードして実体験で計測もできますよね。それができないので口コミ頼りなのがデメリットでしょうか。

サポートまとめ

  • ConoHaWINGは土日祝はしっかり休む
  • ロリポップは平日営業日なら電話対応可
  • WEB初心者はお試しもできるロリポップの方が安心できる

まとめ:結局どっちが良い?

料金を重視するならロリポップ

ロリポップサーバー
https://lolipop.jp/

ただ、ホームページが欲しいだけというレベルであればロリポップのライトプランで十分足ります。また、駆け出しでSEOはガツガツでなく、やはりコスト重視というのであればロリポップで完結させるのが良いでしょう。

SEOを重視するならConoHaWING

ConoHaWING

本記事ではConoHaWINGとロリポップサーバーを比較紹介している為、コスパが良くないように見えてしまいますが、ConoHaWINGの機能性を考えるとコスパは良いサーバーです。

SEOにも強いとされるWordPressテーマを安く購入出来る特典も魅力的です。しかし、それよりもサイト表示速度のパフォーマンスが良いことが一番ではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「生活に役立つ」をコンセプトに様々な商品・サービスの最適解をお届け。独自に設けた基準から比較評価をし、ユーザーにより良いモノを選んでもらえる体験ができるよう毎日掲載情報の精度向上に向け更新・執筆をしています。

目次