安くて人気!おすすめ脱毛器ランキング10選|2022年最新版

脱毛器おすすめコスパランキング

自宅でムダ毛処理は当たり前?

夏になると嫌でも露出が多くなる時期にはムダ毛が気になるところ。脱毛サロンやエステなどで処理する方法もありますが、なかなかまとまった金額を出せない人も多いのではないでしょうか。

しかし、自宅でも効果的に脱毛ができる光脱毛器が多くのメーカーから商品が発売されるようになりました。効果的かつ金額の安いものを活用すれば総合的にコスパ良く脱毛ができてしまいます。本記事では安くて人気のある脱毛器を紹介していますので参考にご覧ください。

目次

光脱毛器にはどのような効果があるの?

永久脱毛はできない

まず最初に認知しておいて欲しいのは「家庭用脱毛器では永久脱毛をすることはできない」ということ。そもそも永久脱毛というのはそもそも医療クリニックや皮膚科といった医療機関でないと扱えないレーザー脱毛器でないと無理です。

エステや医療機関でない脱毛専門店などでは強力なレーザー脱毛器を使用していないことも珍しくありません。

医療用のレーザー脱毛でも永久に生えてこないのではなく、1ヶ月以内の再生率が20%以下や6ヶ月経過時点で3分の2以上の怪我減っている状態といった定義が存在します。

長期使用で脱毛効果を得られる

そもそも脱毛は成長が止まっている毛成長している毛ゆくゆく生えている休眠中の毛の3つに対してアプローチをする必要があります。

自宅で使う光脱毛器もエステや医療用レーザーと同じく、成長している毛(成長期にある毛)に対して当てることで徐々に毛を減らし、さらには細くし脱毛効果を体感することができます。

脱毛成長期

成長期の毛は見える範囲で全体の20%ほどと言われているので、完全に脱毛効果を得るには生え変わりの周期2〜5ヶ月に合わせて照射し続ける必要があります。

威力が弱めの家庭用光脱毛器は医療用レーザーよりもその分使用時間と回数が長く求められます。そのため、見た目的に体感するにもやや時間がかかりますが、効果を得ることはできます。

ヒゲ脱毛はできるの?

髭は男性ホルモンがある限り色濃く出てしまう毛であるため、医療用レーザー脱毛でない限りは効果を素早くかつ確実に感じるまでに時間がかかってしまいます。家庭用の光脱毛器でヒゲ脱毛をしたい場合は、レーザーなどのできるだけ強力なものを選ぶ必要があります。

光脱毛器の種類と選び方

種類威力照射範囲脱毛のしやすさ
フラッシュ式弱め広い手軽
レーザー式強め狭い面倒

広範囲に照射できるフラッシュ式

脱毛器の代表格なのがフラッシュ式の脱毛器です。医療系でない美容系脱毛エステではフラッシュ式を使用していることが多くいです。毛が濃くない限りは照射範囲の広いフラッシュ式の方が日々の手入れが簡単かつ時短で終わらすことができます。

既に脱毛済みの方や毛が著しく薄くない方が使用していることが多く、継続的なエステ通いなど面倒なことをしたくない人におすすめです。フラッシュは刺激が弱いため、肌への負担が少ないメリットを持ちますが、産毛などの薄すぎる毛には大きな効果が見込めないデメリットも持ちます。

男性の髭脱毛はできる?

フラッシュ式は広くダメージを与えられるものの、髭をなくすには力が弱く効果を見込むことはできません。髭脱毛をしたいのであればレーザー式で根気よく行うか、医療脱毛をした方が良いでしょう。

レーザー式は照射が狭いが高威力

レーザー脱毛と聞くと医療用レーザーを連想させますが、家庭用も存在します。フラッシュよりも威力も効果は強いですが、照射範囲は1cm四方のサイズなので何回も打つ必要が出てきます。

家庭用レーザー脱毛器は医療用と比べて出力が弱くなっています。とはいえ、効果はきちんとあるため、高い脱毛効果を得ることができます。

男性の髭脱毛はできる?

レーザー式であればフラッシュ式よりも効果を見込むことができます。ただし、髭は太いため使用字の痛みはかなり辛いものがあります。耐えられる人は継続的な使用で髭をなくすことも可能ですが、半年から1年以上使用することが求められます。

安い人気おすすめ脱毛器ランキング

1位 CYDEN 光美容器 スムーズスキン bare plus

重量980g照射段階3段階コスパSランク
Amazon
19,790円~
Yahoo!
21,000円〜
楽天市場
21,000円〜

1分間に100回の連続照射をすることができるため、広範囲の部位でも短時間でしっかり処理することができます。威力も高く痛みは伴うものの、脱毛効果はかなり高く評判が良い脱毛器です。

先述したように永久脱毛はできませんが、生えてくる速度を遅らせ、生えてくる毛を細くすることが可能です。エステに行かずに見た目に差が出るほどの効果を得られるので相対的にみてもコスパが非常に良いと言えます。

2位 トリアビューティジャパン レーザー脱毛器 パーソナルレーザー4X

重量585g照射段階5段階コスパSランク
AmazonなしYahoo!
48,000円〜
楽天市場
48,000円〜

家庭用脱毛器の中でも数が少ない、レーザー式を採用した脱毛器です。男性の自宅でできる髭脱毛の商品として根強い人気のある脱毛器で効果もあることで有名です。

威力は他の脱毛器よりも高いものの、照射範囲が狭いため、処理をするのにかなり時間がかかってしまうという煩わしさはあります。そのため、使うときはしっかり時間を確保して集中することが求められます。痛みに弱い人は冷やしながら使うのがベター。

3位 アイスレディ

重量370g照射段階5段階コスパSランク
Amazon
15,780円〜
Yahoo!
33,000円〜
楽天市場
21,000円〜

フラッシュ式の脱毛器。肌への負荷をできるだけ与えないのがセールスポイントで毎日使用できるというのが魅力な商品です。(実際には個人差があるのでバランスを見て使用しましょう。)男性用として1.5ジュール威力の強い「アイスダンディ」も展開されています。

Yahoo! 39,800円〜
Amazon 59,800円〜
楽天市場 39,800円〜

フィリップス 光美容器 ルメア アドバンス

重量275g照射段階10段階コスパAランク
Amazon
33,285円〜
Yahoo!
39,980円〜
楽天市場
37,970円〜

顔、体、ビキニラインまで全てに対応できる脱毛器です。(それぞれアタッチメントを付け替えることが実現)光の強さは5段階で調節が可能で自身の痛みに合わせて使っていくのが良いでしょう。

男性の使用は自己責任にはなりますが、髭の脱毛も2年ほど使い続けることで目に見える効果を得られたといったレビューも見ることができます。

ヤーマン 光美容器 レイボーテ ヴィーナス

重量275g照射段階コスパBランク
Amazon
88,000円〜
Yahoo!
88,000円〜
楽天市場
88,000円〜

老舗ヤーマンから出る脱毛器。値段は8万円ほどと、他と比べると2倍以上開きがあるので高く感じる人も多いかもしれません。防水かつコードレスでお風呂でも使うことができる利便性兼ね備えています。

また、キセノンランプを採用して黒いものだけに反応するため、肌への刺激も抑えることができます。「痛み」に対して過敏な人に特におすすめできる脱毛器です。

脱毛ラボ 光美容器 Datsumo Labo Home Edition

重量277g照射段階5段階コスパAランク
Amazon
28,900円〜
Yahoo!
57,500円〜
楽天市場
36,799円〜

「脱毛サロンと同じ出力で使うことができる」を売りにしている光脱毛機です。(医療用レベルではありません)クーリング機能もついており、保冷剤などを片手に冷やしながら使うといった煩わしさがない特徴を持ちます。連続照射ができ、全身のケアがしやすいので手軽に脱毛したい女性に人気です。

ブラウン 光美容器 シルク・エキスパート Pro5

重量275g照射段階10段階コスパAランク
Amazon
51,800円〜
Yahoo!
49,798円〜
楽天市場
52,800円〜

肌の色に合わせて自動で10段階の照射が可能な光脱毛器です。モードも3種あり、部位ごとに合わせて調整が可能となっています。効果が望めたレビューが多く、値段相応の実力といったところ。専用アタッチメントも揃っており、男女共に人気の商品です。

エムテック 光美容器 KE-NON(ケノン)

価格68,200円〜本体サイズ290mm×215mm×90mm
重量1.87kg使用可能電圧AC90V~240V
重量1.87kg照射段階10段階コスパAランク
Amazon
69,800円〜
Yahoo!
69,800円〜
楽天市場
69,800円〜

フラッシュ脱毛器の中でも知名度・人気が共に高い商品です。レベル調整は10段階と細かく設定することができます。本体自体は大きめですが、持ち手は小さいので扱うときはそこまで苦ではありません。

パナソニック 光美容器 光エステ

重量402g照射段階5段階コスパBランク
Amazon
52,000円〜
Yahoo!
51,780円〜
楽天市場
53,680円〜

光の強さは基本5段階に調整ができますが、刺激が足りない場合はハイパワーにするとさらに上をいく効果を得ることができる光脱毛機です。「ダブルランプ」によって肌への負担がなくダメージを与えられるとのことですが、いまいち使用している身からすると意味が分かりません。

ただ、照射エリアは広めなので素早く処理したい部分にアプローチできることは間違いありません。男性の髭にも使用することができますが、髭をなくすにはかなり長い時間と根気が必要になります。

ヤーマン 光美容器 レイボーテRフラッシュハイパーPLUS

重量170g照射段階5段階コスパBランク
Amazon
65,300円〜
Yahoo!
72,870円〜
楽天市場
73,700円〜

脱毛エステのようにローラーを転がしながら連続照射して素早く処理を行うことができる家庭用光脱毛機です。ワイドヘッドになっており、照射面積も広いため、1日の処理時間を大幅に縮めることが可能です。より威力の高いものを選びたい場合は同じメーカーの「レイボーテ ヴィーナス」がおすすめです。

脱毛器を使っての注意事項

家庭用脱毛器の使用頻度は?

脱毛は成長期にある毛に対して行うのが有効です。毎日照射しても効果が上がるものではないため、肌の影響を見つつ、1週間に1回もしくは2週間に1回行うのが理想です。

脱毛器を使った後のケアは?

夏場は特に日焼けに注意が必要です。日焼けしてしまうと次回の脱毛時に炎症が起きやすくなってしまったり、シミの原因になってしまうことがあります。日焼け止めを使って予防しましょう。

脱毛前に毛は剃るべき?剃らない?

剃ってから使用するのが基本になります。ただ、産毛レベルになるとセンサーが反応しない場合もあります。少し毛を伸ばした状態で使用し、センサーに反応させるといった使い方もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「生活に役立つ」をコンセプトに様々な商品・サービスの最適解をお届け。独自に設けた基準から比較評価をし、ユーザーにより良いモノを選んでもらえる体験ができるよう毎日掲載情報の精度向上に向け更新・執筆をしています。

目次