ナイキ(NIKE)の陸上スパイクおすすめを紹介!短距離・中距離・長距離

ナイキおすすめの陸上競技スパイク

陸上スパイクは種目ごとにプレートの形状やピンの配置などが異なっており、間違ったものを選んでしまうと記録が伸びなかったり怪我の原因となったりします。本記事ではナイキ(NIKE)の陸上スパイクの着目し種目ごとにおすすめのスパイクを特徴を踏まえて紹介していきます!スパイク選びに困っている、選び方が分からないという方は参考にご覧ください。

目次

陸上スパイクの選び方のコツ

使用場所で陸上スパイクを選ぶ

陸上トラック土のグランド

陸上トラックスパイクは種目毎の種類以前に土グラウンドで使うのか、陸上トラックで使用するのかで選ぶ必要があります。土グラウンドで使用する場合は、オールウェザーと土兼用モデルを選ぶと良いでしょう。兼用モデルは土のグランドでの使用も前提となっている為、オールウェザー専用スパイクに比べて足に優しいものがほとんどです。

中学生や高校生に主に該当すると思いますが、学校の校庭が主な練習環境になっている方、中学校や高校入学から陸上を始めるという方はオールウェザーと土兼用モデルを選ぶと良いでしょう。

プレート(靴底)のタイプで選ぶ

陸上スパイクの靴底はプレートと呼ばれています。陸上スパイクと言えばトラックに突き刺すピンのトゲトゲのインパクトが強いですが、プレートはピンと同様に走行時の推進力を得るために重要な役割を担っています。

陸上スパイクのプレートにもざっくりと初心者向けと上級者向けのプレートがあり、見分け方としては1枚のプレートで靴全体を覆っているものが上級者向け、2枚に分かれているのが初心者向けとされています。

同じ1枚のプレートでもスパイク毎に硬さが変わります。プレートは硬い程、大きな反発を得ることが出来る為、タイムを出したいなら硬いプレートを選ぶ傾向にありますが、筋力がないとプレートを曲げる事が出来ないので、自分の筋力や体格と相談しましょう。

競技種目で選ぶ

当たり前かもしれませんが、メーカーはそれぞれの種目に合わせてシューズの開発を行っています。当然ですが、自分が選んだ種目のスパイクを購入する方がほとんどですが、中学生や高校生によくある事例ですが、100m~200mを専門としている生徒に顧問から突然400hに出場してくれと言われるような場合があります。

陸上競技は個人競技ですが、学生の大会では入賞すると学校毎に得点がはいり、総合優勝を争います。総合優勝を狙う為には多くの種目に選手を出場させることが絶対条件です。そのため専門外の種目の出場と言った自体が起こります。初心者向けのスパイクはトラック種目全般を網羅している為、競技レベルに関係なく一足持っておいても良いでしょう。

短距離におすすめのNIKE陸上スパイク

東京オリンピックの100m決勝はほとんどの選手がNIKEを着用している等、NIKEのスパイクは現在の陸上の環境でトップメーカーと言えます。世界陸上の開幕が目前ですが、ルール変更がない為、これからもNIKE覇権が続くでしょう。

ナイキ エアズームマックスフライ

価格Amazon扱いなし
Yahoo! 43,971 円~
楽天市場 50,700円~
推奨種目100m~400m定価22,000円
サイズ25cm~32cm評価

おすすめポイント

エアズーム マックスフライは人気が高く履いてみたいと思う選手は多くとも、出回りがほとんどないスパイクです。現状では定価の倍以上の価格でしか市場に出回っておらず、26~27㎝などの平均サイズに関しては、中古でも手に入りにくいのが現状です。

短距離は地面からの反発を推進力に変える技術がものをいう競技ですが、反発力にアシストを加える為、好記録を出す選手が多く性能的には最高峰と言えます。

懸念点は2点あり、「パンクしたら終わり」「今後ルールで規制されるかもしれない」です。エアが入っているシューズの宿命ですが、穴が開いてしまうと空気が逃げて反発力を失ってしまい、特徴を失ってしまいます。既にトラック種目ではシューズの厚さの規定があり、記録のインフレが起き始めたら規制の対象になる可能性があります。

ナイキ エアズームマックスフライ モアアップテンポ

価格Amazon扱いなし
Yahoo!扱いなし
楽天市場 60,400円~
推奨種目100m~400m定価
サイズ26.5cm~32cm評価

おすすめポイント

ナイキ エアズームマックスフライのデザインが違うモデルです。実際に履いている選手は多田選手などのトップ層しか見たことがありません。通常のマックスフライ同様に入手難易度が高いスパイクとなっています。

ナイキ ズームスーパーフライエリート2

価格Amazon扱いなし
Yahoo! 37,734円~
楽天市場 41,700円~
推奨種目100m~400m定価18,150円
サイズ23cm~29cm評価

おすすめポイント

足を包み込むDynamic Fitテクノロジーで、固定感のあるサポート力を強化。硬さの必要なゾーンと柔軟性の必要なゾーンを組み合わせた、ジェネラティブプレートデザインです。8個の取り外し可能なステンレススチールピンがトラックでグリップ力を発揮します。シームレスなウーブンアッパーが通気性に優れた快適性を実現しています。要所の通気性と耐久性を高めた素材を使用しています。

シートベルトのウェビングにヒントを得た織り素材が、加速時のテンションを高めます。100m-400m走スプリンターに最適です。

ナイキ ズームJAフライ

価格Amazon扱いなし
Yahoo! 18,480 円~
楽天市場 18,480円~
推奨種目100m~400m定価14,850円
サイズ23cm~30cm評価

おすすめポイント

オールウェザー専用の陸上スパイクであり、土のグランドでの使用は非推奨です。200mの選手向けのスパイクとされておりアシンメトリーなデザインとなっており遠心力に耐える設計になっています。ソール部分が肉抜きされており軽いスパイクとなっていますが、硬いプレートの為ある程度の筋力が必要です。

中距離におすすめのNIKE陸上スパイク

ナイキ ズームヴィクトリーエリート

価格Amazon扱いなし
Yahoo! 22,000円~
楽天市場 11,880円~
推奨種目800m~1500m定価
サイズ23cm~28,5cm評価

おすすめポイント

アッパーにフライワイヤーを採用し、サポートを強化しています。中距離に適した軽量型を追求し、推進力と反応性に優れたエリートモデルです。自信を持ってスタートラインに付ける一足です。800mから1,500mの中距離走に対応しています。アッパーからスパイクプレートまで柔軟性とサポート力が求められるエリアを区分し、最適な軽量性能を追求しています。超軽量でライバルを圧倒できますね。

ナイキ ズームヴィクトリー

価格Amazon扱いなし
Yahoo! 8,990円~
楽天市場 8,800円~
推奨種目800m~5000m価格14,960円
サイズ23cm~29cm評価

おすすめポイント

通気性が良く、軽量のモデルです。ソールはNIKEのスパイクによくあるとげとげしいソールを採用しています。購入時には海外製のスパイクによくあるニードルピン(7㎜)が付属しています。ピンは長ければ走行時の足への負荷が高くなります。

自身の筋力と種目を考慮して別途ピンの購入をおすすめします。

長距離におすすめのNIKE陸上スパイク

ナイキ ズームマトゥンボ

価格Amazon扱いなし
Yahoo! 8,990円~
楽天市場 14,080円~
推奨種目1500m~10000m価格
サイズ23,5cm~29,5cm評価

おすすめポイント

軽量性と推進性を意識したモデルです。固定式のピンを採用しています。3km走から10km走向けに設計してあり、非常に軽量で通気性に優れた快適な履き心地で追い込みをサポートしている一足です。

ナイキ ズームマンバ

価格Amazon扱いなし
Yahoo! 8,400円~
楽天市場 11,000円~
推奨種目3000mSC価格13,740円
サイズ25,5cm~27,5cm評価

おすすめポイント

ダッシュで障害物をクリア!障害物レース専用にデザインされた一足です。濡れた路面でも確実なトラクションとしっかりと安定したフィット感を実現しています。アッパーは水の侵入を防止するデザインで、さらりとした軽い履き心地でスピードをキープしてくれます。メッシュのアッパーが通気性と排水性を発揮し、理想的なトラクションと反発力を提供する、Pebaxスパイクプレートです。

シャークスキンパターンのアウトソールでグリップ力を強化しています。ミニマルな履き口で、足首周りがソックスのようなぴったりとしたフィット感です。ネオプレン素材で雨天のときも最適なパフォーマンスを提供しています。軽量のPhylonミッドソールが、着地の衝撃を緩和する高反発のクッショニングを提供。スパイクプレートの交換可能な6本のピンが優れたトラクションを発揮しています。

種目特性を無視した陸上スパイクを履くとどうなる?

今回は種目別のスパイクを紹介させて頂きますが、陸上スパイクであればどの種目に使ってもいいのでは?と疑問に持つ方もいらっしゃるでしょう。

無酸素運動と有酸素運動と分類されるように陸上スパイクにも適材適所に仕様が変わっています。物理的には長距離スパイクで短距離種目に出場することは可能です。ですが、短距離スパイクに比べて長距離スパイクは足を保護する目的も持っている故に重量があり記録は狙いにくいでしょう。

特性を無視すると怪我のリスクも

1500mに出場する際に100~400m用のスパイクを着用してレースに望んだところ、レース直後に足裏を火傷してしまったということも中高生の体験談としてよく聞かれます。短距離スパイクは長時間トラックを走行することを考慮されていません。そのため、火傷をしてしまったということです。

靴擦れ・火傷

さらにグレードの高い短距離スパイクで走ればプレートの硬さなどから自身が怪我する他、スパイク自体もすぐに壊れてしまいます。競技者自身の足、スパイクの品質を保つためにも適性を守ったスパイク選びが必要です。

おすすめのNIKE陸上スパイクまとめ

今回はNIKEの陸上スパイクを紹介されて頂きました。マラソンシューズと同様にNIKEのスパイクは年々ユーザーが増えており、今回は紹介していませんが、マックスフライを履くことでベストが出た等機能的な進化がすごい印象です。難点としては人気のあまり購入難易度が高くなったり、そもそも日本人向けではないので筋力的に扱いにくい等があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「生活に役立つ」をコンセプトに様々な商品・サービスの最適解をお届けする情報サービス。独自に設けた基準から比較評価をし、ユーザーにより良いモノを選んでもらえる体験ができるよう毎日掲載情報の精度向上に向け更新・執筆をしています。

目次